WEBライティング技能検定を受ける~受験はすべてウェブ上で完結~

試験の特徴とは

PC操作

過去問は要チェック

クラウドソーシングの拡大を受けてウェブライターの需要は高まりを見せています。その一方でそれぞれのウェブライターの技能にはバラツキがあり依頼を行う企業側からするとライターとの契約や仕事を依頼する際の判断基準をどの様に設けるかが課題となっています。その様な状況を受けてうまれたのがWEBライティング技能検定です。クラウドソーシングで仕事をする上で欠かせない技能をはかる為の試験として2015年から開始がされた試験で多くの方が受験を行なっています。WEBライティング技能検定の試験内容は選択式問題と記述問題から構成されており、選択問題ではビジネスマナーから一般教養、個人情報管理に至るまで幅広く出題がされ、記述問題は実践的なライティング問題が出題されます。記述問題に関しては300文字から400文字程度のボリュームの記事を書いていく形になるので、WEBライティング技能検定合格に向けては日常的に300文字から400文字位に文章をまとめる技術を身につけておくのが良いでしょう。なお、WEBライティング技能検定においては奇をてらった問題が出題されると言うよりはしっかりとした基礎知識とライティング能力が問われます。つまり、WEBライティング技能検定の試験対策そのものがウェブライターとして活躍する為の能力に繋がっていると言えるのです。ただし、合格に向けてはWEBライティング技能検定特有の出題範囲はあるので、過去問対策などのチェックは気をつけて行いましょう。

Copyright© 2018 WEBライティング技能検定を受ける~受験はすべてウェブ上で完結~ All Rights Reserved.